よくあるご質問

よくあるご質問

お葬式について

葬儀の規模はどのように把握すればいいですか?
葬儀の規模は参列者の人数に比例します。参列者が多ければ規模は大きくなり、逆に親族だけの家族葬ならば規模は小さくなります。ご家族だけ、ご親戚まで、親しい友人まで、会社関係まで等、あらかじめご葬儀をお知らせする範囲を考えておきましょう。参列者が増えると大きな式場が必要となります。
最近よく聞く「家族葬」とはどのような葬儀ですか?
「家族葬」という特別な形やプランがあるわけではなく、基本的におこなうことは一般的なご葬儀と大きな差はありません。
家族葬の場合、集まる人数などの関係から、比較的ゆっくりとした時間が流れ、故人様に接しやすいお別れの場となります。
一般葬と家族葬の違いは何ですか?
一般葬は、家族、親族、ご近所、会社関係など故人が生前にお付き合いがある方に参列いただいておこなう葬儀です。

メリット

・たくさんの方が故人とお別れできる。
・生前にお世話になった方にご挨拶ができる。

デメリット

・会葬者の対応に追われて、ゆっくりお別れが出来ないことがある。
・葬儀後に香典整理やご挨拶回りが大変。

家族葬は、家族・親族と親しいご友人でおこなう小規模な葬儀で、会社関係やご近所の方などはご遠慮いただく場合が多い。

メリット

・家族は故人とゆっくりとお別れが出来る。
・家族の精神的・体力的な負担が少ない。

デメリット

・葬儀中に思いがけない訪問者がいらした場合、十分な対応ができないこともある。
・葬儀後に訃報を知った方の、後の訪問や連絡の対応が大変になることもある。

自宅葬はできますか?
はい。自宅葬にも対応しています。詳しくはお問い合わせください。
神式やキリスト教での葬儀をおこないたいのですができますか?
はい、様々な宗派の葬儀に対応しています。詳しくはお問い合わせください。

費用について

葬儀費用はどれくらいかかりますか?
葬儀の総費用については、お一人お一人により異なるので一概には言えませんが、葬儀社に支払う費用の他に、必要な実費があることを頭に入れておきましょう。
また、『葬儀一式○○円』といった葬儀社の広告をよく目にするかと思いますが、それは葬儀社へ支払う費用の中の更に一部の料金といったケースがほとんどですので、詳細な総費用を必ず確認しましょう。
→葬儀プランはこちら
葬儀費用の支払い方法はどのようなものがありますか?
現金もしくは、お振込みとなります。
事前に仮の見積もりを数社からもらいましたが、表示内容が様々でよく分かりません。どのように見比べたらいいですか?
一度、お見積もりを持って葬儀社へご相談に行かれることをお勧めします。当社にも、他の葬儀社のお見積りをご持参され、ご相談に来られるお客様が多数いらっしゃいます。ご相談の際は項目ごとに丁寧に見比べ、ご説明いたします。
ネット検索をした時に、葬儀社が沢山出てきてよく分かりません。どのように見分けたらいいですか?
近年、ネット上だけの「代理販売業者」が増えています。
実際にご葬儀施行をしていない代理販売業者の「一式プラン」や「パックプラン」の場合、セット内容が一律でないため、委託される葬儀業者によっては、商品やサービスの変更ができないこともあります。また、代理業者の場合、「祭壇一式●●円」などの項目ごとの単価が無いため、総費用があいまいで「何にいくらかかったのか分からない」という事になりかねません。
安易にネット上の情報を鵜呑みにするのではなく、一度、お電話でそれぞれの会社の対応を確認することをお勧めします。

もしもの時は?

自宅で亡くなった場合はどうしたらいいですか?
ご自宅で危篤になった場合はもちろん、ご自宅でお亡くなりになられた場合は、直ちにかかりつけの医師に連絡してください。
かかりつけの医師がいない場合は救急車を呼びます。医師による死亡確認後、死亡診断書が発行されます。
病院で亡くなった場合はどうしたらいいですか?
24時間365日いつでもお電話ください。当社より病院までお迎えに参ります。
ご家族のご希望をお伺いし、ご自宅、もしくは会館へのご安置のお手伝いをいたします。
役所への手続きはどうしたらいいですか?
火葬をおこなうためには、役場へ死亡届を提出後、火葬認可書をもらわなければなりません。
この手続きは代行いたしますので、ご安心ください。
葬儀の際の宗教はどうしたらよいでしょうか?
日本の葬儀の多くは仏式でおこなわれています。その他に、神道、キリスト教、無宗教があります。
葬儀は故人を送る儀礼ですので、家の宗旨よりも本人の宗旨を優先して考えればよいと思います。
本人・家族の宗旨が明らかでない場合は話し合いで決めましょう。また、仏式でされる場合は、菩提寺(代々のお墓やお付き合いがあるお寺)があるのかを、事前に家族や親戚に確認しておきましょう。
菩提寺が遠方で来られない場合は、近辺のご住職を紹介してくれる場合もございます。紹介していただけない時や、そもそも菩提寺がない場合は、葬儀社に相談しましょう。
火葬料はいくらですか?また、どのように支払うのですか?
火葬料は役場に火葬手続きをする時に役場へ支払う料金になります。福岡市内の方は2万円です。手続きは当社が代行でおこないます。火葬場には公営と民営のものがあり、公営の火葬場は自治体が運営し、基本的に市ごとにつくられており、自治体によって料金が異なります。

相談したいことがある

葬儀のことや法要・納骨のことまで
まごころ葬儀はご遺族の「想い」に寄り添います

0120-000-0000

年中無休 24時間営業
福岡の葬儀は、まごころ葬儀までご相談下さい

メールでの相談はこちら